FC2ブログ

wakkoと料理と音楽と

曲を創ってyou-tubeに公開してる料理好き音楽家だよ!

Entries

10月の中国旅日記の続きです!

2014/11/05
今日は肌寒い曇りの一日の東京。
昨日の陽気が恋しい。そろそろ銀杏も真っ黄色に色づいているはずです。

慌ただしい札幌行きですっかり頓挫してしまった10月の中国旅日記。
甘粛省での事はどうしてもご報告したくて、旅の間ネットが上手く出来ない時でも書き続けていた日記、先週も少しご紹介しましたが、今日はその続きです。

2014年10月14日(火)
前日夜遅くチェックインした田舎街に燦然と建つリゾートホテルで、ゆっくり休んで、6:30起床。五つ星ホテルでもバスタブはないので、シャワーを浴びて朝ご飯。なかなか料理の種類も多くて美味しい。野菜が多いのはありがたいです。
平涼のホテル1  平涼のホテル2  平涼のホテル3

8時過ぎ出発。今日も一日車での大移動。専属のドライバーが運転してくれるので安全ですが、やはりそれなりに疲れます。
幾つもの山々が連なる六盤山を超えて、その県の96%を梯田に作り上げた、庄浪県へと向かいます。
六盤山は少し雪が残っていました。
六盤山  六盤山3  六盤山4

途中果てしなく棚田(中国では梯田)は続き、どんどん凄くなって行きます。12時30分頃、県内のジャガイモ畑の実験を見学、近く見える山々はすべて梯田です。
ジャガイモ畑  ジャガイモ畑の向こうに1

その後、庄浪県の市街地へと向かいました。
街中で見た子供達。丁度低学年の下校中。子供こそ宝との思いのとても強い中国人。子供達が道路を渡るために車は一歩も動きません。
庄浪市街地の子供達

庄浪県は、この梯田を人力で50年間以上もの時間をかけて作り出しました。その偉業をたたえて街の一番の中心に博物館があります。
前のご紹介しましたが、中国の地域の分け方。
省の下に市と県、そして郷や鎮、更にその下に小さな村があります。

中国一貧しかったとも言える甘粛省。
西安からここに来るまでの間には、絶壁の岩山に洞穴が幾つも残っていました。昔、と言っても1世紀も前の事ではなく、多分数十年前までは、そこで暮らしていた人がいたのだそうです。

この県の人達は自分たちの食べるものを自分たちで得るために、農閑期の冬、凍った土を人力で掘り削り運び出して、梯田を作り続けました。最初は機械を買うお金もなく、ただただ人海戦術あるのみ。凍った土から落ちて亡くなった犠牲者もいたのだそうです。
本格的に計画を立てる前も少しだけは整備されていない梯田が存在していました。けれどそれは効率的な梯田とは言えず、雨が降れば土が流れ出したりしていました。それをもっときちんと整備し、数も増やし続けました。始まったのは1960年代、過酷な労働は毎冬50年間以上続きました。数年前その整備計画は終了。県面積の96%が梯田になりました。そして先週のブログにも書いた、秋の雨を保水するマルチの採用により、収量は格段に上がりました。もともと平らな土地の少ない、本当だったら農業も難しい場所を人の力が変えていきました。今は棚田で育つ植物の御陰で水蒸気が上がり、それが降って小さな沼も出来始めました。今はさらに農作業の便を考えて、毎年何百キロの道路をその梯田の間を縫う様につける作業は行われています。
梯田1  梯田2  梯田3

その美しさと人の力、その県の人の考え深さや働き者ぶりに感激します。
ただ、今の時代でその偉業は可能だったろうか?と思う。豊かになった中国でこれだけの過酷な労働を何十年も続けることが出来るだろうか?しかもネットの氾濫の中、乱れ飛ぶ情報の中、我が県のために続けられる労働力を確保できるだろうか?首府から遠く離れ、山々に囲まれて情報も入ってきにくい、ここ甘粛省にあって、1960年代まだまだ中国統一間もない頃、皆が我が国のために働こうとした時代だったからこその偉業。天から与えられたその好機をしっかり受け止めた結果なのでしょう。

博物館ではそんな過酷な労働が紹介されていました。
梯田博物館1  梯田博物館2  梯田博物館3

博物館見学の後、乱鍋のお昼ご飯。肉でも麺でも野菜でも豆腐でも何でも入っています。ただ味付けはここだけのもの。かなり美味しかったです。この店はこの乱鍋とマントウとお茶だけ。それでやって行けているくらい美味しい。鍋の中は肉や野菜や春雨がいっぱい!!
乱鍋1  乱鍋2  でかマントウ

この棚田では以前はほとんど小麦が栽培されていました。でもマルチの御陰でそれ程良くない土地でも小麦は育てられるので、トウモロコシに変わり、今ではジャガイモが多くなり、さらにリンゴへと変わろうとしているのだそうです。昔、果物と言えば山東省の物が最高でした。でも農薬も多くさほど美味しくは無い山東省のリンゴに比べて、害虫の少ないこの土地のリンゴは農薬も余り使わないで済むし品質が良い。だから今ではすごく高値で売れるのだそうです。そのためどんどんリンゴの木が増えています。何より今後働き手が少なくなっていく中、リンゴの方が労働力が少なくて済む。
写真に撮れども撮れども、、どこもかしこも美しい梯田。
梯田4  梯田5  梯田6
梯田7  梯田8  梯田9
梯田10

リンゴが増えると言うことは、、この景色も失われて行くと言うこと。この棚田に木が生えれば、そこにはもう棚田の段が見えなくなる。木の育たなかった山々に人の手が木々をもたらし、木に覆われた普通の山々になってゆく。後10年したら変わってしまうだろう景色であることにも感慨深い。
でもそのことでこの土地の人の経済は潤って環境も良くなっていくのです。

庄浪県後に5時間近くのドライブ。蘭州市に向かいました。黄河沿いの蘭州に着く頃はもうすっかり夕闇。一気に車の量が増えて、ビルが立ち並び始めます。黄河沿いに続く町並み。ホテルも黄河沿い。なかなか立派なホテルです。政府の招待用なのだそうです。広々とした部屋で綺麗なのですが、水周りや部屋の使い勝手はやはり問題ありです。
夜の黄河
夜の黄河1  夜の黄河2  夜の黄河3

チェックイン後すぐ、夕ご飯の宴会。立派なレストランへ向かいました。
蘭州の宴会  蘭州の宴会2  蘭州の小さな麺

hubbyは白酒をた〜っぷり飲まされて、明日朝のプレゼン大丈夫かな?

またまた大移動の一日の終了、、、明日はまたしてももっと早起き、、そうすると気になって、またしても上手く寝付けなくて、、

***************
中国旅の続きまた書きますね。
どうぞ覗いて見て下さい
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

News from wakko♬♫

久しぶりのライヴ♪♪です!!
wakako's cookin' Music vol.4♪
2015年12月10日(木)
open18:00 start19:00
「紙ひこうき」
札幌市中央区南1条東2丁目7水協ビル1F tel.011-221-9737
再び映像付きライヴ♪です(^_^)v
詳細は、

※2015年10月23日〜10月31日まで
中国、北京〜安徽省合肥〜南京〜
蘇州〜南京〜北京
※2015年8月7日〜8月18日まで
中国、北京〜黒竜江省大慶〜北安〜
哈爾浜〜北京
※2015年5月22日〜6月3日まで
中国、北京〜黒竜江省佳木斯〜北京
旅の日記は

2015年you-tubeアップ
Floating moon on Peshawar
2015new edition

Kitchen Music♪

2014年アップyou-tube作品
黒竜江・紅い真珠
Childhood幼き日々~セピアの頃
夏彦ファミリー劇場Dear Polar [Together♪♪]
2014水元公園さくら堤 [宴]
2014春の誘い♪♪
イコロの森♪
上のリンクから
是非チェックして下さいネ!

wakko's Gallery of you-tube

seach box

このブログ内で検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

カテゴリー☆

コメント

<>+-

Stars with mouse

タグランキング

右サイドメニュー

Thank you ♬

Welcome to wakko's blog. %Life is beautiful !

Profile

wakkowakko21

Author:wakkowakko21
☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆Google+
長~い札幌での音楽生活から
New start of my life
in Tokyo from 2010(^^)/

最近やっと落ち着いてきて、
また音楽を創り始めてます!
2012年12月からはyou-tube
自作曲を公開中(^_^)vミテネ!
ずっとお休みしていたブログも2013年2月こちらにお引っ越しして再開!
☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆
I want to bring healing to you by my own music!
☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆

Calendar !

黒ねこ時計

Archive

Weather report

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム